焼酎つくりについて

本日は、当蔵での焼酎造りについてお話します。
原料は、清酒粕・米(酒造りで精米で削った粉)・麹です。
上記のタンクにて原料を液化処理します。
タンクは2重構造になっており、間に蒸気を通し温度を上げていきます。
作業をしていると、清酒粕のにおいで酔っ払いそうになります。
原料がクリーミーな液状になったところで今度は、液体を15度くらいまで冷却をします。
冷めたところで発酵タンクにポンプで輸送します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket