明日から2本目の大仕込み

いきなりですが、1本目は順調に発酵をしております。
今年は気温が高すぎて、仕込み(3段仕込み)では大変苦労しました。
蒸米の温度を下げる放冷機というコンベアに米を流してエアーで温度を下げる
機械がありますが、外気温が以上に高いため温度がさがりません。
仕込み前に造る水麹という作業(仕込み配合に合わせた 水と麹)で水の代わりに
氷をつかい温度をさげて予定温度に近づくように、調整をおこないました。
その苦労がみのり、冬季間と同じような発酵経過に現在なっております。
11日目、発酵も中盤を過ぎ、明日から2本目の大仕込みです。
来週は、気温がかなり下がり雪予報も出ているので、ちょっと安心です。
お酒造りでは温度は命取り、いろいろと工夫をしながら毎年造りを行ってます。
今年の新たな取組みは、今後紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
大仕込みまでの準備(前の記事)
いよいよ 冬(次の記事)