酒造講習会

酒造組合の講習会に、24・25日と2日間参加してきました。
講習のなかで一番楽しかったのは、市販酒のきき酒でした。
通常のきき酒とは違い、自分の好みなども含めたきき酒は、皆さんのいろいろな意見を聞ける貴重な場でした。
夜には懇親会もあり、広い北海道各地から集まった蔵の方々と楽しく交流も出来ました。
今北海道の蔵では、北海道産米を使う割合がどんどん増えています。

当社では50% 組合全体では48%と、毎年道産米使用の比率が上がっています。
ちょっと残念なのが、消費者が北海道のお酒を飲む比率が低い事です。
どのくらいだと思いますか?

なんと、20% 数字をみるとビックリです。

皆さん、酒チェン 道産酒を飲みましょう
2010_08_26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

お盆(前の記事)
残暑って内地だけだと思っていた(次の記事)