大仕込

今週は、2本目の大仕込をしています。
1本目は、こんな感じで順調に発酵しております。
blog_2009_11_11
なんで大仕込なの???
前回の酒母を用いて、大きなタンクで、日数をかけて仕込むからです。

 ・1日目 添え仕込  酒母・麹・蒸米・水
 ・2日目 踊りといい、仕込はしません。
 ・3日目 仲仕込   麹・蒸米・水 (添えの倍の量)
 ・4日目 留仕込   麹・蒸米・水 (仲の倍の量)

このように4日間かけて、1つのタンクを仕込んでいきます。
2日目の踊りの由来は、階段の踊り場から来ていて、仕込みを
休むことで、次からの仕込みにむけて勢いを蓄えています。
 
この造り方法も古くから受け継がれているもので、昔から現在
まで受け続かれている、当時の技術力の高さを感じます。
まさに【国酒】ですね
  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

仕込(酒母)(前の記事)
仕込風景(次の記事)